np-vq10 最安値【np-vq10の最安店舗はどこ?】

np-vq10 最安値店舗は?

np-vq10は、ふっくら美味しく炊け、表示が見やすく、保温機能が優れているということで大変人気になっています。

今季のは、センサーが最適に温度コントロールし、水分の蒸発を抑え、30時間まで美味しく保温することができます。また「うるつや保温」「高め保温」など用途に応じて保温を選ぶことができると評判になっています。


np-vq10を最安値で販売している店舗は、どこかと調査してみました。
インターネット通販で大手のショッピングモールというと、楽天、アマゾン、ヤフーショッピングですが、この三者で比較してみました。

この記事を書いた時点では、ヤフーショッピングに出店している店舗が最安値でしたが、値段は日々刻々と変わります。また、ポイントの倍率もその日によって異なるます。なので、どのショッピングモールの店舗が実質が最安値なのかは、ご自身で確かめられるようおすすめします。下記のクリックボタンを押すと、最安値店がすぐに分かります。
アマゾンのnp-vq10の最安値店舗を見てみる

楽天のnp-vq10の最安値店舗を見てみる

ヤフーショッピングのnp-vq10の最安値店舗を見てみる

np-vq10の説明書

np-vq10の説明書は、象印の公式サイトより入手することができます

象印の公式サイトの一番下に「お客様サポート」という項目があります。その中に「取り扱い説明書かい」という項目があるのでそこをクリックします。そして、カテゴリーを探すの中に炊飯ジャーがありますのでそこをクリックします。そうすると型番ごとに取り扱い説明書の文字が出ていますので、np-vq10をクリックするようにしましょう。あるいは、製品品番から取り扱い説明書を検索できる窓もありますので、そこを利用することもできます。

np-vq10とnp-vn10の違い

np-vq10と□の違いですが、価格については多少の差があり、資格の方が市場では安く販売されています。
販売開始時期ですが、資格は2015年、np-vq10は、2016年となります。
また、使用時における炊飯消費電力量の違いも多少あります。エコ炊飯メニューで□の方は143で、np-vq10は、156となっています。両方の機種とも炊飯時間は1時間前後ですが、np-vq10の方が、消費電力が多いということになります。しかしこの差はほとんど気にしなくても良いレベルです。年間にすると200円にもならない程度の電気代の差です。

np-vq10のなべについて

なべの内面のフッ素皮膜は傷がつくと剥がれる原因になります。なので、丁寧に取り扱う必要があります。炊飯の準備をしているときには、米にまじっている可能性がある異物を取り除いてから米を洗うようにします。また泡だて器などのような傷つきやすい道具を活用して洗米は控えるようにします。また金属製のザルを当てての洗米も避けます。炊き上がった時ですが、鍋で酢を混ぜるという事は避けましょう。さらに金属製のお玉を使ったり、しゃもじで叩くということも避けるのが無難です。手入れの時ですがスプーンや食器類を鍋の中に入れないようにします。また、食器洗い乾燥機や食器乾燥機にも入れることがないようにしましょう。調味料使った場合フッ素がはげないようにするためにすぐ洗うようにします。鍋を洗う時にはスポンジなどのやわらかいものを使用するようにします。シンナーや粉研磨剤入り洗剤漂白剤などは避けます。フッ素が剥げていると健康上どうなのか心配する人もいますが、性能や衛生上の問題はありません。人体の影響はありませんので問題なく使用することができます。

np-vq10で美味しくご飯を炊くコツ美味しくご飯を炊くためには米を正しく測ることが大切です。附属の計量カップすりきりで測るようにします。軽量米びつや市販のカップでは、差が出てしまいますので注意しましょう。手早く洗うということも重要です。

np-vq10の口コミ

■炊飯器が壊れてnp-vq10を購入することになりました。各社いろいろな価格帯があるので、レビューなどを参考にし、np-vq10を購入することにしました。これまで結構高い価格の炊飯器を使用していましたが、壊れたらただのゴミですね。やはり壊れるということを考えるなら、これくらいの価格帯のものになってしまいます。でも普通に美味しく炊くことができました。米固めの評価が多いようですが、モチモチにたけたと思っています。

■最新機種が安く購入することができたのでよかったと思います。当然のことですけども、ご飯が美味しく炊けました。以前に購入した圧力 IH とほとんど差はないような感じがします。むしろ、釜も本体も重量が軽いので助かっています。

■17年間使った炊飯器が壊れましたので、np-vq10に買い換えることになりました。レビューをいろいろ読みましたけども、お米が美味しいかどうかの判断は米の炊き上がりのやわらかさなどで、好みが分かれると思いますので、そこは外すことにしました。なので自分たちが使う頻度の高い、白米や雑穀炊き込み、タイマー機能があることや、無洗米が使えることを重視しました。そうした結果、np-vq10を購入することにしました。ふっくらとやわらかくご飯は炊き上がりました久々に美味しいご飯を食べることができました。炊き込み、雑穀米、白米モード、白米熟成モードなどいろいろ試してみました。熟成モードはご飯てこんなにふっくらして美味しかっただろうかと。感動するくらいに美味しく感じました。

■友達から米をもらいましたので、np-vq10の購入を決めました。以前の住居で使用していた炊飯器が古くて故障していましたので、それを処分し新居においては、電子レンジで温めるお米を購入していました。しかし、この購入を機にお米を炊く生活に戻ることができるようです。個人的にですが象印は信頼のおける会社だと思っています。

■10年ほど使っていた象印の炊飯器が壊れてしまいました。同じ象印で探していたところ、np-vq10にたどり着きました。象印の炊飯器についてのイメージは私語のみの若干固めの仕上がりと思います。つやつやになっていて美味しく炊けています。急速は以前と比べるならば少し時間がかかるようになりましたけども、保温で30時間も美味しく新しい機能がたくさんありますので、また操作もシンプルでよく考えられています。それでこの価格なのでお買い得だと感じています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク